Pam使用例

Pamの運用方法を紹介

STEP1

適正位置までPamを挿入する

Pamの先端部分に一定以上の圧力がかかると先端の針が引っ込むようになっています。適正位置まで挿入し、ポケットの中に入っている針の長さを測ることでポケットの深さを計測します。

適正位置までPamを挿入する

STEP2

フットスイッチを押し確定

フットスイッチを押して、計測したポケットの数値をアプリケーションに送信します。さらに、ユーザー設定により「出血」や「戻る」「仮入力」などを通常押しと長押しで使い分けることができます。

フットスイッチを押し確定

STEP3

連携したアプリケーションに自動入力

計測されたポケットの数値が付属の「ペリオスタジオ※」に自動的に入力されます。

※「達人プラスVersion6」(別売)と連携させることも可能です。

連携したアプリケーションに自動入力

STEP4

印刷して活用

入力した数値はプリントアウトしてカルテに貼付したり、患者説明用として利用できます。

印刷して活用

連携アプリケーションによってできること

ペリオスタジオ

付属アプリケーション
【ペリオスタジオ】によってできること

ペリオスタジオはインストールしたPC1台でポケット検査が可能です。単体利用されたい医院様に最適です。

ペリオスタジオ

別売アプリケーション
【達人プラス】によってできること

達人プラスは院内ネットワークを作ることでデータ共有ができます。

製品情報

  歯周データ管理 印刷可能パターン レセコン
頭書きリンク
歯周データ
カルテ連動
ぺリオスタジオ
(付属)
1点法 / 4・6点法 / 比較1点法
比較4・6点法 / カルテ用印刷計5種類
達人プラスVersion6
(別売)
18種類 × 枠デザイン4種類
計72パターン

※頭書き、カルテ連動が可能なメーカー詳細は弊社までお問い合わせください。

製品動画

ディスポヘッドの取り付け方

Pamの持ち方

Pamの動作原理

※Pam センシティブの押し込み圧は10g~15gとなります。

フットスイッチの押し方

ポケットの計測方法

※Pam センシティブの押し込み圧は10g~15gとなります。

製品の詳しい資料をお届けします

カタログ請求